Mathematical Data Informatics Lab.

東京工業大学 情報理工学院 小野(峻)研究室

東京工業大学情報理工学院情報工学系において小野峻佑准教授が主宰する研究室(MDILab)に関するページです。

This page is about the laboratory (MDILab) led by Associate Professor Shunsuke Ono at Department of Computer Science, School of Computing, Tokyo Institute of Technology.

数理の⼒でセンシングデータから価値ある情報を抽出する

「数学なんて役に立つの?」一度は抱いたことのある疑問かもしれませんが、ノイズや欠損を伴うデータから価値ある情報を抽出し解析するためには数学の力が欠かせません。その面白さを私たちと一緒に探求しましょう。

Leverage math for sensing data processing and analysis 

What good is math? It may be a question you've had once, but math is essential to process and analyze sensing data with noise and degradation. Let's explore the fun with us.

NEWS

研究分野

信号処理、画像解析、数理最適化、リモートセンシング、情報計測、その他データサイエンス・AI全般

キーワード

スパースモデリング、圧縮センシング、ハイパースペクトルデータ解析、ノイズ除去、画像再構成、信号復元、グラフ信号処理、一般化サンプリング、テンソル分解、異常検出、ミクセル分解、データ合成、センサ配置、凸最適化、近接分離アルゴリズム、乱択最適化、ロバスト推定、Plug-and-Playアルゴリズム、深層展開、等

Scope

Signal Processing, Image Analysis, Mathematical Optimization, Remote Sensing, Measurement Informatics, and other data science & AI related fields

Keywords

Sparse modeling, compressed sensing, hypserspectral data analysis, denoising, image reconstruction, signal recovery, graph signal processing, generalized sampling, tensor decomposition, anomaly detection, unmixing, data fusion, sensor selection, convex optimization, proximal splitting algorithms, stochastic optimization, robust estimation, plug-and-play algorithms, deep unrolling, etc.

解説記事

  1. S. Ono, "ハイパースペクトルイメージングと最適化―復元と合成―," 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, vol. 14, no. 2, pp. 138-146, Oct. 2020. official (OA)

  2. S. Ono, "近接分離アルゴリズムとその応用―信号処理・画像処理的観点から―," オペレーションズ・リサーチ, vol. 64, no.6, pp. 316-325, Jun. 2019. official (OA)

  3. K. Shirai, T. Baba, S. Ono, and M. Okuda, "局所特徴に基づく正則化を用いた画像処理と最適化の役割," 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, vol. 11, no. 1, pp. 40-53, Jul. 2017. official (OA)

  4. S. Ono, "近接分離による分散凸最適化―交互方向乗数法に基づくアプローチを中心として―,'' 計測と制御, vol. 55, no. 11, pp. 954-959, Nov. 2016. official (OA)

書籍

米谷 竜, 斎藤 英雄 編著(第8章を小野が執筆), "コンピュータビジョン―広がる要素技術と応用―," 未来へつなぐ デジタルシリーズ, 共立出版, Jun. 2018. official amazon


講演動画&スライド

【2021】 情報計測チュートリアル.pdf

小野(峻)研に興味のある学生のみなさんへ

小野(峻)研が合っているかもしれない人(主に新B4、新M1向け)

  • 自立している人(コアタイムなし自由を重んじます。ただし、人として清潔感と常識は大事に)

  • 学会発表等で実績を作りたい人(旅費出します就活にも役立ちます)

  • 色々な人と交流したい人(他研究室・他大学の先生や学生企業の研究者など

  • 数式や英語論文を頑張って読める人(最初は苦手でもOKスタバで論文広げてドヤ顔しましょう)

  • カフェっぽいおしゃれラボで過ごしたい人(すずかけ台キャンパスだからこその環境です)

小野(峻)研の基本方針

  • 全体ゼミ(zoom)は週1+前期は本読み週1、それ以外は基本自由です(ラボに来ても在宅でも)

  • 全体ゼミでは毎週全員に口頭で1分程度進捗(生存)報告をしてもらいます

  • 研究テーマに関しては、信号処理・リモートセンシング関連の論文をサーベイしてもらいながら決めていきます

  • 修士課程2年間の目標は査読付きの国際論文誌に論文を1本書くことです(その内容をそのまま修論にします)

  • 研究を頑張ってくれる人にはアルバイト代を出します

※小野研の主な研究スコープは「信号処理・最適化・データ解析」であり、
機械学習:最適化技術の応用対象 or データ解析用のツールのひとつ
コンピュータビジョン:信号処理・最適化技術の応用対象のひとつ
という立場ですので、機械学習やコンピュータビジョンを中心的に研究したい人は他の研究室を検討することをおすすめします。

卒業生の就職先に関して

  • 修士卒:基本的に東工大の情報工学系の研究室はどこも大差なく、大手IT系が主です

  • 博士卒:弊研ではまだデータがありませんがまあ大丈夫でしょう

情報系での博士課程進学のススメ

  • 「博士に行くと就職できない!」という巷の意見は情報系においては全く当てはまりません(世間や親族の意見に惑わされないように)

  • むしろ修士卒より就活は楽まである(One of Themな新卒採用ではなく個人名でハントされるので)

  • 大学教員や研究者になりたい人はノータイムで進学しましょう(教員/研究者→企業に高待遇で引き抜きというルートも)

  • 企業に行きたい人も、外資系(GAFAM等)を視野に入れつつ専門力を武器に稼ぎたいなら情報系博士号は強い武器になります

  • 最近は起業家も博士号持ちが多いです(情報系の専門知識はどの業界でも腐らない)

  • D進!D進!D進!

小野(峻)研で博士課程進学を考えている人

  • 内部・外部を問わず、博士課程学生を随時募集しています(ぜひ)

  • ただし「修士で就職できなかったから進学」等のネガティブなケースは基本的に認めていません

  • 今のところ、弊研の修士課程学生の約半数が博士課程に進学しています(すばらしい)

  • 学振(DC)への応募を推奨しています(もちろん学振が獲れなくても資金援助の策は色々とあるのでご安心を)

  • 社会人博士や学振PDの受け入れも歓迎です。

企業の方へ

企業様との共同研究・技術顧問依頼等、随時募集中です!

  • 上記の研究分野・キーワードに関連するものや近いものであれば基本的に対応可能です。

  • 単発のセミナー・チュートリアルトークや技術相談も可能です。

  • 基準となる研究費額・報酬等を含む詳細情報はこちらのページをご覧ください。